立川市社会福祉協議会



活動場所 立川市富士見町2-36-47立川市総合福祉センター
TEL 042-529-8300
FAX 042-529-8714
Eメール
HP http://www.tachikawa-shakyo.jp/
活動日 (月)~(土)
※(日)・(祝)・12/29~1/3は休み
活動時間 (月)~(金) 8:30~19:00
(土) 8:30~17:00

 求人・ボランティア

社会福祉法人立川市社会福祉協議会 職員採用説明会のご案内

職員採用説明会を下記日程により開催致します。
立川市社会福祉協議会の事業に関心があり、採用試験受験を検討している方は、この機会にぜひ、ご参加ください。

1.日 時:
①平成29年10月25日(水)14:00~16:00
②平成29年10月27日(金)19:00~21:00
③平成29年10月28日(土)10:00~12:00
※全て同一の内容となります

2.場 所:立川市社会福祉協議会(立川市富士見町2-36-47)

3.内 容:
①立川市社会福祉協議会の事業説明
②職員採用募集について
③質疑応答 

4.対象者:採用試験の受験を検討している方

※募集要項:http://www.tachikawa-shakyo.jp/recruit.html#08

申込み:前日までにお申込みください
        立川市社会福祉協議会 地域活動推進係 総務担当
        立川市富士見町2-36-47
        電話:042-529-8300/FAX:042-529-8714
        E-mail:info@tachikawa-shakyo.jp
 

介護予防教室「認知症って何」

誰もがなりうる認知症とはどんな病気なのかご存知症でしょうか?
誰もが年を取り、物忘れや記憶、判断力の低下が生じます。
では、加齢による物忘れと認知症の物忘れは何が違うのかご存知ですか?
誰もがなりうる「認知症」という病気のこと、本人との接し方など認知症ケアについて一緒に学びましょう。

日時:平成29年11月22日(水)午後2時 ~ 午後4時
場所:柴崎学習館 第一視聴覚室
講師:認知症地域支援推進員/看護師 松本理佳子氏

対象:立川市民 
定員:30名(先着順)
申込み:南部西ふじみ包括支援センター042-540-0311へ電話

 活動報告

にんカフェ in はぁもにぃ♪ 第3回報告掲載♪

市役所内の「caféはぁもにぃ♪」にて物忘れや認知症などについて語り合う「認知症カフェ」を開催しました。活動報告を掲載します。ご参照ください。
認知症カフェは、物忘れや認知症がある方、その家族、今後心配な方、専門職など興味のある方はどなたでも参加できます。毎回さまざまなミニ講座も行います。
毎月1日(土日祝日の場合は休み)午後2時~3時半に開催します。
次回は9月1日(金)立川市役所内caféはぁもにぃ♪にて開催します。
参加費100円(飲み物代)で申込みは不要です。直接会場へお越しください。
お問い合わせ 北部中さいわい地域包括支援センター℡(538)2339

○5月分(第1回目)
http://www.tachikawa-shakyo.jp/pdf/nincafe/hokokusho-2017_04.pdf
○6月分(第2回目)
http://www.tachikawa-shakyo.jp/pdf/nincafe/hokokusho-2017_06.pdf
○8月分(第3回目)
http://www.tachikawa-shakyo.jp/pdf/nincafe/hokokusho-2017_08.pdf

 ニュース・お知らせ

第13回 地域福祉市民フォーラム開催のご案内

今年は「住み慣れた地域でいきる」をテーマに開催します。誰もが年を重ねていくなか、高齢期をどのように過ごし、地域・社会のなかで暮らしていくのか。
第1部の基調講演では、虚弱になることの予防、福祉・医療サービスの選択、地域の支えあいの大切さについて学びます。
第2部のシンポジウムは、家族介護者、医療従事者、地域のボランティアの方々をシンポジストにお迎えし、最期まで住み慣れた地域で暮らしていく為に、私たちが出来ることを会場の皆様と共に考えていきたいと思います。

日 時:平成29年12月16日(土)13:30~16:30
会 場:立川市女性総合センター アイム 1階 アイムホール
申込み:無用、直接会場にお越し下さい 
参加費:無料

フォーラムテーマ:「住み慣れた地域でいきる」

基調講演「住み慣れた地域でいきる」
講 師:東京都健康長寿医療センター 新開 省二氏

シンポジウム「私らしく、あなたらしく生ききるには」
登壇者:
①栄町地区グッドネイバーをすすめる会 竹内 英子氏
「より明るく・楽しく・安心して暮らせる地域を目指した20年間と『私ノート』」
②家族介護者・マジックボランティア 鈴木 文氏
「人生を嬉しく楽しく過ごす為に~私の介護体験、ボランティア活動~」
③ケアセブン訪問看護リハビリステーション砂川七番 上原 麻実氏
「ご自宅の生活を支える訪問看護の実践と地域貢献活動」
 

【共催事業】アール・ブリュット立川2017 ~アートがあなたのこころに駆けてくる~

 多摩地域に住む、芸術の才能豊かな障害のある作家の作品を集めたアール・ブリュット立川2017を今年も開催します。昨年も大変多くの方にご来場いただき誠にありがとうございました。
 アール・ブリュットとは、伝統や流行に左右されず自身の内側から湧き上がる衝動のままに表現した芸術のことを言います。アートを通して障害者の理解を深めていただき、障害のある人もない人も共に生きる社会、地域の一員として自分らしく心豊かに暮らせる社会の実現の一翼を担っていきたいと思っています。

日 時:平成29年10月25日(水)~10月30日(月)10:00~19:00
    ※最終日は、5階特別室のみ17:00まで
場 所:伊勢丹立川店5階特別室・2階ギャラリースクエア(特設会場)
入場:無料
主 催:アール・ブリュット立川実行委員会
共 催:立川市、(株)三越伊勢丹 伊勢丹立川店、立川市社会福祉協議会 
問合せ:☎080-4000-5197(アール・ブリュット立川実行委員会)
Email: abt.tachikawa@gmail.com
 

【共催事業】立川市多文化共生都市宣言記念シンポジウム

 立川市は、2016年12月に国籍や民族の異なる人々が、文化のちがいを互いに尊重し、共生する地域社会の実現を目指して「多文化共生都市宣言」を行いました。
 この宣言をきっかけとして、外国にルーツを持つ市民が、その視点や多様性を生かし、地域振興・防災・経済・観光各分野で活躍できる多文化共生都市の実現を皆さまと考えます。

日 時:平成29年10月21日(土) 13:30~16:00
場 所:たましんRISURUホール 小ホール(立川市錦町3-3-20)
参加費:無料
内 容:①基調講演「多文化共生都市の時代」
               山脇 啓造 氏(明治大学教授)
     ②パネルディスカッション
    「ちがいを尊重し、ともに生きるまちづくり」
     ◎モデレータ:山脇 啓造 氏
     ◎パネリスト:江夏 馨 氏(台湾出身 通訳 たちかわまちの案内人)
              岡部 栄一 氏(立川青年会議所理事長)
              柚井 ウルリカ 氏(スウェーデン出身 立川七小PTA前会長)
              渡辺 晶彦 氏(立川市産業文化スポーツ部長)
    ③多言語で「宣言文」を読み上げる(14カ国語)

主 催:特定非営利活動法人たちかわ多文化共生センター(TMC)
共 催:立川市 社会福祉法人立川市社会福祉協議会
後 援:立川商工会議所 立川観光協会 (公社)立川青年会議所
協 力:立川国際友好協会 日本ネパール友好協会
     立川ニューカレドニア交流支援ネットワーク 西東京朝鮮第一初中級学校

問合せ:特定非営利活動法人たちかわ多文化共生センター(TMC)
TEL&FAX:042-527-0310 / E-mail:tmc@poppy.ocn.ne.jp